ピアスをつけっぱなしで眠ってしまうのは危険なの?

ピアスの種類

ピアスの種類

ピアスにはスタッド式、フック式、フープ式の三種類があります。スタッド式は、耳に差し込む棒の部分をキャッチと呼ばれる後ろの留め具で止めるタイプです。小さなものであれば長時間付けても耳たぶへの負担が少ないため、初めてピアスの穴を開ける方はこのタイプがお勧めです。フック式は、金具の部分を耳に引っ掛けてぶら下げるタイプです。揺れるピアスが女らしさを演出します。フープ式は、リングの形をしているタイプです。リングの留め具を外して耳に通します。リングには別売りのチャームを付けることもでき、気分に合わせて着せ替えることが出来ます。

男のピアスって女子から見たらダサいの?

寝付きが悪い時の対処法

寝付きが悪い時の対処法

寝付きが悪い時の対処法はいくつかあります。まず、寝る前に刺激物を摂るのを避けましょう。特に、カフェインが入っているコーヒーや紅茶は入眠を妨げるので、注意しましょう。寝る前に何か飲みたい場合はホットミルクがおすすめです。体を温めてくれる上に牛乳に含まれているトリプトファンが体をリラックスさせてくれます。また、眠る時の環境も大事です。部屋を真っ暗にしたり、耳栓をして雑音をシャットアウトすると、体が入眠に集中でき効果的です。眠る直前にスマホやパソコンの画面を見ることは脳の興奮につながり、眠りを妨げるので注意してください。

睡眠時の夢遊病は危険?大人の夢遊病の症状や原因とは?

ピアスは病院で開けるべき?

ピアスは病院で開けるべき?

ピアスを自分で開けるとき、怖くて勇気が出なかったり上手くきれいに開けられるか不安に思う人はたくさんいます。病院なら、左右の耳たぶの適切な位置にまっすぐ穴を開けてくれます。傷口からの感染リスクもありますが、それも安心です。穴を開けたときに何らかのトラブルが起きても病院なら対応してくれます。しかし、自分で開けるよりも費用がかかってしまいますが、自分の体に何かあってはいけないので病院を受診してピアスの穴を開けてもらいましょう。

ピアスやネックレスなどの特集ページはこちら♪

不眠症は病院じゃないと治らない?

不眠症は病院じゃないと治らない?

眠りの不調が続いたら睡眠外来を1度受診してみましょう。睡眠障害といってもいろいろなタイプがあります。まずは、相談しやすい催眠外来かスリープクリニックを受診します。なかなか家の近くにない場合は、かかりつけのお医者さんに相談すれば、生活習慣を改善するためのアドバイスや基本的な薬を処方してくれます。寝不足の状態が続いていると、体調不良や集中力の低下や判断力の低下につながります。毎日正しいリズムで深い眠りを取ることが大切なので不眠症だと感じたら病院を受診しましょう。

どこに開けるピアスが一番痛い?

どこに開けるピアスが一番痛い?

ピアスは、自分で開けられるけど怖くて勇気が出なかったりうまくきれいに開けられるか不安に思う人も多いです。そんな痛みを伴うピアスを開けるとき、どこに開けるのが一番痛いのかというと舌です。舌にピアスを開けてから3日から1週間は舌が腫れ上がり思うように咀嚼できなかったり呂律が回らなかったり会話がしにくくなります。開け方を間違えると腫瘍が出来たりしてしまうので開けてからは基本的につけっぱなしです。舌に開けるときは細心の注意をもって開けましょう。