ピアスはセルフではなく、病院で開けた方が良いって本当?

病院でピアスを開けるのにかかる金額

病院でピアスを開けるのにかかる金額

まず、ピアスを病院で開ける際は保険の適用外になるので、全額自己負担になります。

主に、耳鼻科、皮膚科、美容整形外科等が一般的に施術を行なっていますが、場所によっては開けてくれないところもあります。

金額も、開けてもらう場所やピアスを開ける位置によって金額が異なります。

一般的な耳たぶに開ける際の平均の値段は片耳1つのみなら4000円から7000円。両耳1つずつで5000円から10000円。この値段が相場になっています。

自分でピアッサーを買って開ける場合の値段は、ピアスを開ける個数分のピアッサー代や消毒代のみになります。

自分で開けるよりは割高になりますが、消毒をきちんとしてくれたり、痛い箇所は麻酔をしてくれたりと病院で開けるからこその安心があります。

何故ピアスはセルフよりも病院で開ける方がいい?

何故ピアスはセルフよりも病院で開ける方がいい?

実際にピアスをセルフであけると、菌が入りやすくなり、炎症を起こしやすくなってしまいます。

またその炎症をほったらかしにしてしまい悪化すると、膿が出てきたりしてピアスの穴をふさがなければならない状態になることもあります。

病院であけてもらうことにより、しっかりと消毒をしてもらえるので、その後菌などが入ることもあまりありません。病院であけた方がその後の処置に手をかけることが少ないのは事実です。

自分であけても炎症を起こさないように定期的に消毒を行えば、比較的化膿するようなことは少なくなりますが、安心面でいうと病院で処置してもらったほうが安全性は確実です。

また病院によっては軟骨にはあけてもらえないことがあります。

ピアススタジオと病院の違い

ピアススタジオと病院の違い

ピアスを自分で開けることに不安があるという場合、ピアスを開けてもらうことが出来る場所としてピアススタジオを病院があります。

最も大きな違いとしては、施術者が挙げられます。病院の場合、施術を行うのは医師ですが、ピアススタジオの場合はピアッサーと呼ばれる施術者が穴を開けます。

ピアッサーになるための資格などはありませんので、その技術力には違いがあります。ただ、ピアスに関する知識はピアススタジオのほうが豊富な傾向にあります。

病院では施術の際に麻酔を使用することが出来ますので、痛みに弱いという人にはおすすめです。

なお、ピアスを開けるという行為はあくまでも医療行為の一つであるとされていますので、不安であれば病院で開けたほうが良いでしょう。